アンティークのドレス

お人形友達にアンティークのドレスをほどいた生地を譲ってもらいました。

1880年代のドレス

ビスクドールが全盛だった時代のものです

ミシン縫いと手縫が併用されています
手縫も何種類もの糸で縫われています
縁の始末もかがり縫いやまき縫いなど、いろいろな技法が混在しています

何人もで縫ったのか?何日にもかけて1人で縫い上げたのか?想像するときりがありません

上着には鯨のヒゲが丁寧に縫いこんでありました

上着を羽織ってみたら、意外にも普通に着られました

ウエストの位置が肋骨のすぐ下あたりになっています
その下にバッスルを入れたスカートをはくと足長にスタイル良く見えるわけですね!!!

アンティークを調べるのは何よりドレス縫いの勉強になります

*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

†蔓薔薇人形館† 売店 ショップ←お買い物はこちらから

お教室のご案内←初心者の方大歓迎です

設計図の作り方から衣装、靴まで、順を追って丁寧にお教えいたします

お問い合わせ←こちらからどうぞ

*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*

にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ