†蔓薔薇人形館† ショップ 営業中
ショップ入り口

電気窯 petit の電熱線の取り替え

電気窯の熱線の交換をしました

10年以上愛用しているビスク焼成用の電気窯、Petit、とうとうF1とエラー表示が出てしまいました。熱線交換の時期が来たようです。

この窯と、絵付け用のサブ窯で作品を作っています。

作業手順

必要なもの

  • 熱線
  • ピン(熱線についています)
  • プラスドライバー、太めのもの
  • L型レンチ3ミリ
  • ラジオペンチ
  • ワイヤーカッター
  • 木槌

蓋を外す

蓋を外します。蓋側のビスを6個外します。

全面のパネルも外します。ビスが18個。下の方から外していきます。

接続金具を取り外す

こんなふうに熱線が固定されています。接続板をL型レンチ3ミリで緩めて外します。

熱線を外す

熱線を止めているピンをラジオペンチで引き抜きます。

熱線を外します。

新しい熱線を準備する

新しい熱線の根元を90度に曲げておきます。コイルの向きに逆らわないように曲げると、取り付けの時にキチンと収まります。

熱線の端を穴に通してから、熱線を溝に押し込んでゆきます。

三本入りました。

元通り配線する

元通り配線します。ラジオペンチで熱線を引っ張りながら、接続板をなるべく奥に取り付けます。

熱線の飛び出た部分を切り取ります。かなり硬いです。

ピンを打ち込む

熱線をピンで固定します。木槌でコンコンと打ち込みます。

 

カバーと蓋を元通りに取り付ける

カバーは真ん中のコントローラーの上の部分をまず付けてから、上の両側、下側とつけるとスムーズです。

無事交換出来ました

素焼き、本焼きとも、今までとは比べ物にならないスピードで昇温します。

もっと早く交換すれば良かった。